安い理由

格安航空券とよくメディアに取り上げられていますが、格安航空券とはなんでしょうか。
格安航空券とは、通常料金の航空券に比べて、大幅に値下げしている航空券のことをいいます。
格安航空券は、航空会社から購入することはできませんが、旅行会社から購入することができます。
なぜ安いのかというと理由はいろいろあります。

まず、6月や11月の閑散期は比較的安い価格で販売をしています。
通常料金にしていてはお客さんは来ないので、価格を下げてお客さんを呼び込むためです。
ちなみに、季節によって価格が変動することをシーズナリティといいます。
また、有効期限があったり、予約の変更ができないなどの制限がある航空券も安く売っています。
そして、一番多いのが、卸売業者が、航空会社から団体のパッケージツアー用の航空券を仕入れたあとに、ツアーを組まないで個人に販売している券です。
わかりやすく例えると、回数券を買い、それを一枚一枚わけていろいろな人に売っているということになります。

そのため低価格で販売することができます。
格安航空券は、旅行会社によって値段は異なります。
航空会社からの卸値に旅行会社の利益をたしたものが格安航空券の金額になってきますので、当然利益をどのくらいにするかで値段が違ってきます。
会社によって、ツアー全体で利益を得たいから、航空券の利益はあまりなくても、宿泊料金で利益がでればいいと考えるところ、航空券だけの利益を考えるところと様々です。
チケットショップなどは、航空券のみの利益で考えるところが多いうえ、人件費もかかりますが、インターネット専売のショップでは、人件費があまりかからないうえ、大量仕入れで大量さばきになり、一枚当たりの利益は低くても大量になりそれなりの利益がでたりします。
とはいうものの、通常購入よりは安い値段で航空券が手に入るのですから、お得ですよね。

Copyright © 2014 格安航空券とは All Rights Reserved.